SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ゆうラジ火曜日

滋賀県東近江市のコミュニティFM局
ラジオスイートパーソナリティが発信するブログ。
火曜日の夕方5時〜7時は「ゆうラジ Tuesday!」
http://815.fm
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
五個荘「泥亀汁」
 古くから伝わるなすの味噌汁。
なすに網状の細かい切れ目を入れた形が亀の甲羅に似ているという事で、この呼び名がついたんだそうです。泥はゴマの事。切れ目を入れたなすと、ゴマ大さじ3杯を入れ、味噌汁にする。なすに切れ目を入れる事で、中までしっかり味がしみています。
泥亀汁には抗酸化作用の高いなすのポリフェノール類や、ゴマのセサミン・ビタミンEなどが豊富で                    
コレステロールの低下、動脈硬化予防、ガン予防などに効果が!!
| 滋賀mono | 21:15 | comments(0) | - | pookmark |
野洲「どら焼き 近江富士」
小豆の粒が光っています。1粒1粒を大事につぶさないように炊きあげられています。しかも小豆の皮はやわらかく、小豆の風味を最大限に生かすよう砂糖はざらめ等のみを使ってあります。北海大納言小豆の粒あんがあっさりと香ばしい生地とよくなじむ!
シンプルだけれども職人の技が光る一品です!
| 滋賀mono | 22:04 | comments(0) | - | pookmark |
近江八幡「でっち羊羹」
近江商人発祥の地、近江八幡で「でっち」といえば丁稚。職人・商人の家に年季奉公をする小僧さん。でっち羊羹の名前の由来は、大阪、京都などへ奉公に行った丁稚が、やぶ入り(1月16日)に帰省して、主人や番頭への土産として持ち帰ったことからとされています。しかし、その名が「でっち」とひらがなになっているのは、実はもう一つの意味が・・・菓子用語でこねあわせることを「でっちる」ということからきているんだそうです。「丁稚でも買えた」という手頃な値段と、素朴な味わいで、今も多くの人に親しまれています。
| 滋賀mono | 23:31 | comments(0) | - | pookmark |
彦根銘菓「埋れ木」
長い歴史を刻む城下町・彦根の銘菓として「埋れ木」は彦根の人々に愛され、各地へ伝えられてきました。
手芒豆をお店で炊き上げた白餡を求肥で包み、最高級品の砂糖「和三盆糖」に抹茶を加えてまぶしてあります。口に入れた瞬間にほろりとほどけるコクのある甘みと、ふわっとほのかに香る抹茶が人気の理由。厳選素材を使っているからこそ上品で存在感のある甘みがあり、お抹茶はもちろん、珈琲にも紅茶にもよく似合います。

| 滋賀mono | 21:31 | comments(0) | - | pookmark |
秋の味覚 梨


秋の味覚、梨が東近江市建部堺町の直売所にお目見えです!
ここで扱われているのは小玉のものが目立つんですが、糖度は他のものより高いんだそうです!
直売所では朝取りものしか扱わないために数に限りがあるということで、買いに行くならお早めに!

お問い合わせ
たてべ大凧果樹生産組合 0748(25)5936
| 滋賀mono | 22:18 | comments(0) | - | pookmark |
長浜名物「のっぺいうどん」
長浜名物「のっぺいうどん」

自家製のうどんにのったあんかけのダシ。その上にさらにのった大きなしいたけ。
かつおと昆布でつくった秘伝のだし汁は、関西と関東の間にあるという土地にふさわしく、ほどよい薄味。 このだし汁にかたくり粉をていねいに混ぜ、とろ〜りとのばした汁を茹で上がった自家製のうどんにかけます。
具には、じっくりと味を含ませた特大の椎茸に、麩、湯葉、蒲鉾、みつ葉などを加え、最後に土生姜をのせ、全体の味を引きしめます。
ぜひ、お試しあれ。

茂美志屋 http://noppei.com/
| 滋賀mono | 21:35 | comments(0) | - | pookmark |
湖東吹味噌 なーんやこれが みそかいな


湖東大豆を使った自然派のお味噌。
本物のおいしさをそのまま、保存料、合成保存料、合成着色料、合成甘味料などは一切使用されていないお味噌です。
味わってみると「なーんやこれが みそかいな」とお味噌の本当の味に気づかされること間違いなし!

●お問い合わせ先
[JA湖東]
東近江市池庄町507
電話 0749-45-0551
| 滋賀mono | 21:35 | comments(0) | - | pookmark |
安曇川 アドベリージャム
“ボイズンベリー”は、ビタミン類、食物繊維、葉酸が多く、特に抗酸化作用のあるアントシアニン(ポリフェノールの一種)を豊富に含んでいます。

この欧米ではポピュラーなこの果実を、ニュージーランドから苗と技術指導を受けて、日本で初めて本格的に滋賀県安曇川で栽培するにあたり付けた愛称が「アドベリー」です。

低農薬で丹念に育てられた「アドベリー」を主材料に作られたアドベリージャムは味はもちろん健康にもうれしい一品になっています!
| 滋賀mono | 22:09 | comments(0) | - | pookmark |
海軍さんの珈琲


先週末、舞鶴にいってきました〜!
・・・と言うことで今週の滋賀monoは滋賀県を飛び出してお隣の京都府へ〜!

40年ほど昔、あるコーヒー店の常連さんの中にかつて「戦艦大和」に乗艦し砲手を担当しておられた人がいて「昔、大和の中で飲んだコーヒーは今のコーヒーと全然違う味と香りがした。けど、あのコーヒーもとても美味しかった。」という話が・・・。

「第二次世界大戦」が始まると同時にコーヒーは「ぜいたく品」として禁制品となり
輸入もとだえていたのが「大和」の艦内では密かに愛飲されていたんだそうで。

その味を今に再現したのがこの『海軍さんの珈琲』。

少々クセのあるコーヒーが多いのものの、その特長を生かし毎日飲めるようなコーヒーに仕上げる為にマイルド系コーヒーとバランスさせ当時の味を再現されているんだそうですよ。
| 滋賀mono | 22:26 | comments(0) | - | pookmark |
近江つけもの 「山上本店」
地元近江の野菜を中心とした近江つけものの製造、販売を行っている(株)やまじょうの本社工場前にある直営店「山上本店」。

今日の滋賀monoは特別バージョン、「山上本店」営業企画課長の辰巳さんにスタジオにお越しいただきました!

スタジオにはおいしいお漬物がたくさん!
食感が美味しい「大根」に、深い味わいの「すぐき」、下田なすを使った「味しば」、味噌の風味が香る「若筍」・・・と、本当に美味しくてご飯がすすむすすむ・・・(笑)

中でもオススメは湖南市下田で育った特産の下田なすを丸ごとあっさり仕上げた「下田なすの姿漬」。
小ぶりの小さな実を、ひとつひとつ丁寧に収穫して薄塩で浅漬けにされた今だけの味。さわやかな味わいは今の季節に本当にピッタリ!包丁を使わずに手で裂いて下田なす独特の食感を楽しむのが“通”な味わい方なんだとか。

「山上本店」ではこの近江の地で生まれた種を、大切に育てて、ここでしか味わえないお漬物をつくっていらっしゃいます。四季折々の地元近江の味、みなさんも是非!

近江つけもの「山上本店」
〒520-3201
滋賀県湖南市下田3335
0120(359)486
| 滋賀mono | 20:45 | comments(0) | - | pookmark |